多岐にわたる内容が特徴の心理療法

知っておきたい心療内科とは?

心療内科といっても、名前だけは聞いたことがあるというかたが少なくないのが現状です。それでも街中で心療内科を掲げる医院も以前と較べて増えています。また心療内科と同時に精神科を掲げている病院も少なくありません。両者の違いは何でしょうか?それぞれの定義によれば、精神科とは、うつ状態などで心が落ち込む等の悪化した心理面を治療目的とするところであり、心療内科とは、心やそれに伴い身体が不安定な状況により、心身症と呼ばれる心理由来の身体的症状を引き起こしてしまった状態を治療目的とするところです。 例えば皆さんも、頭が重い時は心が晴れないといった経験や頭が重いと身体の方も上手く動かせないという経験を大なり小なりしたことがあるはずです。まとめると、心と脳とは同じであり、同時に脳が身体的行動も司っているので、脳機能に障害が起これば身体の方にもあれこれ症状が出てしまうため、これを治療するのが心療内科の目的ですね。

知っておきたい心理療法へのアプローチ

まず精神科にせよ心療内科にせよ治療方法としては、薬物療法と精神療法を用いて、又はそれらを組み合わせて治療しています。入り口は違っていても治療へのアプローチは同じなため両方の看板を掲げているところが多いんですよね。そして、心理療法は専門家による症状や問題となる行動の消去、あるいは緩和を目的としています。 ここで大切なのはエビデンスと呼ばれる根拠に基づいた医療行為の切り分けです。心の問題として取り扱う前に、まず第一に身体的に問題が本当に無いのかどうかの身体検査が必要となります。そこで身体面での病気でないと判明したからこそ心理療法へのアプローチが開かれるという流れですね。脳が身体行動のすべてを司る以上は、心の病の症状も多岐にわたります。結果として、心理療法自体のアプローチ内容も多岐にわたりますので、まずはしっかりと検査してもらっておきたいところです。